やっといけたよん忍者迷宮レストラン

あってきました
高級忍者003.gif
b0186130_23285974.jpg

火をふいたーあっまちがえた
財布から火がでた。
b0186130_23292990.jpg

シャッターチャンスをのがしたら、
二回もやってくれたよ
燃える燃えるといいながら、
忍者はお茶目なのだ。

b0186130_23311224.jpg

素晴らしいまやかしの術も
みせてくれたし

え?どこにいったんだって
フフフ
ずーーーっといきたかった
忍者迷宮レストランですわ
b0186130_2334281.jpg

京都河原町からすぐ
こんな看板のまえで、待っていると
忍者がむかえにきてくれるのである。
b0186130_23442196.jpg

先にならんでいるのは、
三百円にぎりしめた
忍者修行のこどもたち

忍者とともに、暗闇にきえていった

そして
待つこと数分
お迎えの忍者あらわれ、
ともに迷宮殿に潜入

071.gif足下あぶのうござる
おきをつけくだされ

真っ暗でほんまにあぶない

忍者屋敷の入り口は、かくし扉ゆえ一般のかたには潜入できないのであります
通されたのは
猿飛の間

迷子になったときは、猿飛のものでござる、と伝えると連れ帰ってくださるそうだ。トイレにいくのは、ちょっとやめとこ

そしてランチは普通に美味しいのだ

友人おすすめの武将御前を頼むのすっかり、忘れて 九の一御前注文
堪能
b0186130_2332274.jpg

美味しい。

食べてる最中に、先ほどの忍術使いがやってくる

お食事中、かたじけないでござるといいながらも 全然遠慮なく041.gif
腕前を披露してくださるのだ 面白すぎる。

そして、恐るべし忍者
怖いのは、九の一

お会計のあと
では出口をご案内いたします。
と連れられ、隠し扉まで案内されたはいいが、そのままドロンときえた九の一と隠し扉。取り残されたか弱き乙女三人
迷宮の中をさまようこととなったのであります。
でれーん、だしてー扉はどこじゃどこじゃさまようこと数分

騒ぎをききつけたのか。
おもての九の一が勢いよく扉を笑顔でオープン。
おそるべし忍者迷宮レストラン

お昼の話はこんなもんで、本日はちくちくの出勤より早く家をでて、もうひとつの目的地堪能したのであります。

あまりに長文なので、ここでひとくぎり
ムシムシ大行進 ぴっちょり大興奮に続くのであります。
[PR]

by pittyori | 2013-06-09 23:27 | おきらく日記 | Comments(0)